高品質プラセンタのサプリはプラセンタファースト

全国一律送料無料でお届けいたします

お問い合わせは0120-768-901

受付時間9:00~21:00(年末年始を除く)

ビューティコラム

洗顔石けんとエイジングケア。選び方が大切なんです!


以前にお風呂に入れるタイプのオイルをご紹介したことがありましたが今日はエイジングケアに効果のある洗顔石けんの選び方についてのご紹介です。

泡3

エイジングケアのスキンケアとして「洗顔石けん」を使っている人も多いですよね。洗顔フォームと違って、天然の界面活性剤だけで作られた洗顔石けんは、肌への刺激が少ないのが特徴。また、肌のバリア層である「皮脂」を程よく守りつつ、汚れを落とすことができます。

さらに、次の2点に注目して洗顔石けんを選ぶと、より一層アンチエイジング効果が期待できます。

【①エイジングケア成分が含まれているもの】

石鹸3

単に汚れを落とせるだけでなく、アンチエイジングに効果のある成分が含まれているものを選びましょう。

例えば、
・プラセンタ(ターンオーバー促進)
・ココナッツオイル(抗酸化作用)
・ポリフェノール(抗酸化作用)
・セラミド(乾燥防止、きめ細かい肌の保持)
・ヒアルロン酸(うるおい保持)
・コラーゲン(肌のハリ)  など。

1つの石けんで全てがカバーできるわけではありませんから、自分の肌悩みに合ったものを選択してくださいね。

【②枠練り製法のもの】

石鹸5

昔ながらの「枠練り製法」で作られる石けんの方が、アンチエイジングにオススメです。枠練り製法は石鹸の材料を長時間かけて冷やし、自然乾燥して作る手法。工場で作られたものは、98~99%を洗浄成分が占め、美容成分は1%しか配合できません。

でも、枠練り製法であれば40~50%も美容成分を加えられ、洗いながらエイジングケアができるのです。エイジングケア化粧水や美容液の成分をしっかり浸透させるためにも、スキンケアの基本である洗顔石けんの選び方にはこだわりたいですね。

ロゴ